お気に入り

潤会旅行

  • アトリエ
    HAWAII Australia バリ とかイロイロ

MAN会旅行

  • MAN会の台湾
    広島 九州 神戸大阪 香港 岡山四国 イロイロ

みんなの世界旅行

  • Dscn2647
    皆でバーチャル世界旅行しようぜ

« ひな祭りな日の運動 | トップページ | 某日本国トップのお2人 »

2009年3月 5日 (木)

世界がもし100人の村だったら

<フジテレビ>3月7日(土)21時~23時10分

「世界がもし100人の村だったら6」

2003年から計5回放送され、毎年、多くの反響を呼んでいる
『世界がもし100人の村だったら』

番組では、厳しい環境の中で、必死に、そして、けなげに生きる世界の
子どもたちの現実をドキュメントする。

自分の親を選べないように、生まれた国、生きるための国を選べない子どもたち。
その国の歴史、文化、風土の違い、家族のあり方により、子どもたちの置かれて
いる過酷な状況は異なる。世界のさまざまな国々の、日本人があまり知らない
厳しい現実、さらには、世界の子供たちの未来への夢や希望をリポートする。


第六弾のテーマは「アフリカ大陸」 

中国・インドなど、アジア大陸の急成長が世界的に注目を集める中、
アフリカ大陸は、その影響を受けている。

「新富裕層」と呼ばれる人たちが現れ、彼らが富の象徴として
買い求めるもの…それは「ダイヤモンド」だ。

インドや中国でのダイヤモンドの需要は急上昇している。そして、
ダイヤモンドの産出国のほとんどはアフリカ大陸にある。
新富裕層の繁栄の裏に隠されたダイヤモンド採掘場に生きる現実とは…。

アフリカの国は資源が出れば、国として成り立ち、国際社会にも認められる。
石油危機、代替エネルギー…。新たな資源を求めて、アフリカ大陸はさらに
注目を浴びる。
しかし、資源のない国は一層、国際社会から置いてきぼりを食い、
貧困にさらされることとなる。日本では当たり前のポリオ予防接種ができず、
多くの人が障害者として生きていかなければならない。

番組を通して、私たちはあらためて、アフリカの貧困に直面する。

先進国・日本に住む私たちの生き方がアフリカ大陸の未来に影響を及ぼす。
遠いアフリカ大陸で今、起きていることは、私たちの生活と直結していることを
紹介する。(下記サイトより引用)

↓↓

<フジテレビ土曜プレミアム>
「世界がもし100人の村だったら6」
3月7日(土) 午後21時~23時10分
→ 
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2009/09-043.html 

BOOKはこちらからmemo

世界がもし100人の村だったら 総集編 POCKET EDI (マガジンハウス文庫 い 1-1) (マガジンハウス文庫)

« ひな祭りな日の運動 | トップページ | 某日本国トップのお2人 »

フェアトレード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひな祭りな日の運動 | トップページ | 某日本国トップのお2人 »